MPJAのビション

16億人を超え、世界人口の4分の1を占めるムスリムとの交流が益々重要になりました。 これらに対応するために、MPJAはムスリムに対する意識と知識を深め交流を進めるため、様々な支援をしています。


国際的に通用するハラルサービスを提供し日本企業、消費者と社会に貢献します。グローバルのスケールで世界共同体の一員として貢献します。
日本とムスリム国の架け橋になります。日本企業とムスリム国の生産者および 消費者のどちらにもWin-winな関係ができるまで、その基盤を造りニーズに応え、サービスを提供します。
ハラルとイスラムに関する正しい知識を提供し、 ムスリムと日本人の友好的な多分野・多層的な交流、交易を支援します。 現在よりもより一層、日本社会および海外での日本人とムスリムとの関係・交流を深めます。


「ハラル意識を高めます」

ハラル環境の改善

日本人のムスリムとハラルに対する意識が高まり、空港などの公共施設でムスリム対応が進んでいます。 当協会はこれらの対応の充実と拡大をサポートします。

教育の推進

日本国内でも多くのムスリムを見かけるようになりました。当協会はこれらに対応して、日本国内のハラルとムスリムに関する知識を高める機会を提供します。

ビジネスのサポート

日本は経済力と高品質な物づくりで尊敬を集めてきました。それら経験を生かして、マレーシアやインドネシアなどのイスラム諸国の経済力と購買力の拡大を支援します。